SSブログ

きょう7月1日は”半夏生”・・蛸の災難に日?

昨日と今日と列島には”梅雨前線”が長く伸び停滞!西日本方面等では”線状降水帯が発生!
ところによってはかなりの”降雨量”をもたらし、災害が発生したもよう!
わが街周辺は幸いにも今のところは影響は少なく、しとしと降りの中を買物がてら外出を!
スーパーの食品売り場をのぞき込むと、何やら景気良しの呼び込みを!
きょうは”半夏生”・・安いよやすいよ ”ちゅうチュウ 蛸買いな!”とばかりの鉢巻き姿が!
  IMG_0024.gif
身近のスーパーでは蛸丸ごとのものは無く、このような切り身パック入りがほとんどだ!
  IMG_0028.gif
なかにはこのような"お造り品”も多少はあるが、皆さんはこぞってパックいりを買いこんでいるようにみえた。
  IMG_0025.gif
なぜ”半夏生”といった時節に蛸をかいもとめて食べるのだろう。もちろん蛸の成分に夏バテに効く成分があるからだろうが!・・ただ昔からの言い伝えでは田植え後の苗”蛸の8本の足の吸盤”のごとく、しっかりと地面に根付くようにと神様へお供え”家族で食した”との言い伝えもあるようだ。
  IMG_8606a.gif
また、かつては西洋人などの外国人は”蛸はたべなかった”とも聞く!
生の蛸はこのようにグロテスクにもみえ、”魔物”であるともみえたようだ!
  IMG_0027.gif生真だこの姿
これらの蛸の生の姿。とくにミズダコをみたら、目を手で覆いたくなるのかも!
でも、茹でると赤味を帯びとっても美味しそうになり、酒のつまみには最高だ!
  IMG_0026.gif生ミズだこの姿
だが食文化が発展し”美味しい食素材”となった今では”ひっぱりダコ!”となり高嶺の花!

そんな半夏生での”タコにまつわる物語”でした。

nice!(0)  コメント(0) 

松戸神社夏例祭(その2)・・神社周辺のスケッチ

松戸神社・・わが街の数多くある神社のなかでも、最も古き格式があ神社でもある。
街中に咲く紫陽花はすでに峠を過ぎていますが、この神社の鳥居近くは林となっている為に、まだきれいに咲き誇ってます。
  IMG_8845.gif  IMG_8874.gif
前頁(その1)でも述べましたが、29~30日、松戸神社の夏例祭
ただ今年は本祭りではなく、交通事情等もあり、ご時世がら出店もない祭り風景でした!
こちらは神社参拝の方が利用する”お手洗い場”で、龍の口から湧き水が常時出ています。
  IMG_8881.gif
きょうも昨日にひき続き、”能の舞いやお囃子”がこの舞台でおこなわれます。
  IMG_8882.gif
”茅埜輪くぐり”・・きょうは本祭ということで、”茅埜輪めぐり”の本殿前には、老若男女が行列をつくり参拝しています。
  IMG_8883.gif
さて、冒頭でも述べましたが、今年の夏祭りはおおきな催しなく、ご時世ながらのこじんまりな祭りとなり、お神輿が神社境内周辺の街中を練り歩く程度でした。
  IMG_8901.gif   IMG_8900.gif
そんな様子を前頁同様に黙々と!紹介してみましょう。
  IMG_8902.gif

  IMG_8907.gif

  IMG_8910.gif

  IMG_8912.gif
  ◆:取材撮影日:6月30日・・・でした”

nice!(0)  コメント(0)